カテゴリー別アーカイブ: キャビテーションで痩せる

痩身効果の高いキャビテーションで部分痩せもOK!

部分痩せが出来ないと悩んでいる女性は多いです。食事制限をしたり、苦手な運動を頑張っても気になる二の腕やウエスト、ヒップや太ももなどの部分痩せはなかなか難しいものです。特にそこでネックとなるのはセルライトという、老廃物をためこんだ脂肪細胞の塊です。

エステなど美容業界で注目されているキャビテーションは、痩身効果の非常に高いマシンを使えば、このセルライトを効果的に除去することが出来ておすすめです。キャビテーションは、セルライトなど脂肪細胞を高周波の熱で溶解して老廃物として排出することが出来る優れたマシンですので、サイズダウンにもつながりますし気になるところの部分痩せをするにも適した方法と言えます。

美容外科などで行われている脂肪吸引という手術は、脂肪細胞ごと吸引することが出来るので即効性も有りますしこちらもサイズダウンや痩身効果の高い方法ではあります。しかし保険が適用されませんし高額な費用がかかるだけではなく、全身麻酔をしたり痛みなども生じたりダウンタイムが必要と言ったデメリットも生じます。もちろん失敗してしまうリスクも0ではありませんので、その点全て納得しなければ受ける事は出来ません。痛みも熱さもなく、横になっているだけで効率良く脂肪溶解が出来るキャビテーションであれば、リスクは有りませんし安心して受ける事が出来ます。

各エステサロンでは様々な痩身コースが設けられていますが、キャビテーションと併用するとさらに効果が高いと言われているのがエンダモロジーやEMSの低周波マシンです。エンダモロジーはローラー状になっているヘッドを皮膚と密着させるために、専用のスーツを着用して施術を行います。強力にもみほぐすことができ、これはハンドではできない動きですので頑固なセルライトもやわらかい状態になります。そこでキャビテーションをすれば軟らかくなった脂肪細胞ですので、より排出しやすい状態になるという流れです。

代謝を上げるという事は、消費エネルギーを増やす事にもつながりますし、太りにくい体質にする上で重要なポイントとなりますので筋力アップを求める事も大事です。そこで活躍するのがEMSのマシンです。筋トレブームとは言われていますが、運動が苦手な方も多いですし定期的に運動をするというのが難しい方でも、EMSのマシンを使えばOKです。横になっているだけで強制的に筋肉を動かして筋力アップすることが出来るので、楽にダイエットが出来るのでおすすめです。

最後はエステティシャンによるリンパマッサージも取り入れていけば、リンパの流れがさらによくなりますし、ボディトリートメントで理想的なボディラインを作っていく事も出来るので理想の痩身がかなえられます。今まで自己流でダイエットをしていた方の中で、食事制限をメインで行って失敗したりリバウンドしてしまっていた方は、これらの方法でチャレンジすると成功する可能性が高いです。

キャビテーションは肩こりにも効果的

切らない脂肪吸引と言われてダイエットにも良いとされるキャビテーションですが、実は肩こりにも効果的と言われてます。肩こりは主に血行不良が原因で起きますが、この血行不良が起きる原因の多くはストレスでストレスがたまると自律神経が乱れて血液の流れが悪くなって肩こりが起きます。キャビテーションは特殊な超音波で余分な脂肪を壊して液状に変えるのが第一段階で、液状化した脂肪が血液やリンパ液へ流れ込むと体外へと排出されて、短時間で脂肪を減らして部分痩せを実現させます。

なぜ肩こりやむくみ、冷え性にも良いかと言えば、キャビテーションで乳化された脂肪が流れるときに血液中の老廃物も一緒にしっかり流れるためで、血液の流れを阻害するものがなくなり血行が良くなってそれがむくみや肩こり、冷えの改善が出来るというわけです。ここで大事なのが受けたあとに必ずマッサージをすることで、直後は乳化された脂肪と老廃物が血液中に残っている状態で、このままだと効果がなくなってしまいます。

血行を促すことで脂肪と老廃物の排出を促すことがマッサージの目的で、それと同時に機械の他の働きが相乗効果をあげます。マシンによって低・中・高の周波が同時に表面の筋肉からインナーマッスルまで同時に刺激してほぐして整えて、独自のラジオ波を使えば広い範囲により深く血流を促しては働きをさらに上げます。痩身やダイエットだけでなくコリにも効果的で施術後の2時間の食事も注意して水分をしっかりとることで、体の外へ老廃物が出るのを助けます。

肩こりが酷い方や首が方に埋まった感じで、普段から詰まっていると感じている場合、部分痩せもしたいがまずは首や肩を楽にしたいときにも最適です。体の老廃物はリンパ管から排せつされてますがその大きな出口のあるのがわきの下のリンパです。最初にわきのリンパの出口のつまりをとってから、それから気になる部分をケアしていくのが美容の基本です。肩・首・デコルテラインは最も最初に効果が出やすい部位でもあり、コース内容は店によって違いますがリンパをまずマッサージをおこない、脂肪など老廃物の細胞を壊して液状化させて流れやすくしてから、液化した老廃物を磁気を使ってリンパまで確実に運んだり、または他の機器などを使ってリンパにまで流して体の外へと押し流す施術をします。

仕事などで肩がぱんぱんになっていて首もこりこりで、腕も楽々と上がらない、オールハンドの全身マッサージだと流しきれない老廃物の塊がこりの原因になっていることもあります。一度キャビテーションコースを試してみると、すっきりと肩が柔かくなったり、腕がすっきりと楽にあがるようになったなど受ける前との違いを感じる人も大勢います。

昔は1部位だけでも2万円から3万円ぐらいはしていましたが、最近はたくさんの方が受けるようになって人気もあるので安いサロンだと1回1万円以下で受けられます。1回受けるだけでも良いですが、続けて通うことでより効果を実感しやすいです。

キャビテーション利用時には周波数に注目しましょう。

痩身エステを調べていると必ず出てくるのが「キャビテーション」という言葉です。エステに興味がある人であれば一度はその名を聞いたことがあることでしょう。一方で、その施術内容の詳細をご存知という方はまだまだ少数かもしれません。
そもそもこの「キャビテーション」は、「空洞現象」を意味する言葉です。なお、この現象は、液体に圧力をかけた際に現れる気泡の発生と消滅の一連の流れを意味します。つまり、この気泡が発生しては消滅する、その際に生じる衝撃を利用して脂肪に働きかけるよう開発されたマシンを使用した施術が痩身エステの「キャビテーション」にあたります。小さな泡だけでそのような効果があることを不思議に感じるかもしれませんが、はじける泡は非常に数が多いため、その力で十分に脂肪細胞やセルライトに働きかけることができ、脂肪を溶かし入荷してくれる効果を期待することができます。なお、その際に溶けて乳化した脂肪細胞は老廃物とともにリンパ液や血液によって排出されたりエネルギーとして使われるので、身体に害を及ぼすことはありません。また、一度乳化した脂肪細胞は固体に戻ることはまずないため、キャビテーションを駆使した痩身エステはリバウンドの心配がない点も大きな魅力です。つまり、安心安全で効果的なサイズダウンを気軽に行える魅力的なマシンと言えます。
そんなキャビテーションを活用するにあたっては、その周波数がどのようなものを採用しているかが重要です。現象自体が起こる周波数は20kHzから70kHzと言われていますが、この中でも特に周波数が低いものほど出力が高くなり、より深部までケアすることができ効果的であることが知られています。つまり、キャビテーションの施術を受けるにあたっては20kHz近辺の周波数を採用しているマシンを使うと乳化させるパワーが強く短時間で効果的なトリートメントを見込めておすすめです。なお、その施術は全身というよりはウエストや太もも、二の腕などの部分的なケアに適しています。その中でも特に脂肪が多い場所ほどその効果を発揮しやすい傾向にあるので、お肉が気になるお腹周りの施術が人気です。
ただし、魅力的な点が多い施術方法ではありますが、従来の超音波を利用した施術に比べて深部までその刺激が届くため骨伝導音が大きいという点には注意が必要です。施術中は常に頭の中に響き渡るこの骨伝導音に耐えなければなりません。その音の感じ方は個人差の大きい部分ではありますが、施術中に音が気になり耐えられない人がいることも事実です。なお、中にはそのような骨伝導が苦手な人への配慮として特殊なシリコンヘッドを採用し骨伝導音を可能な限りおさえた仕様になっているものも存在します。また、シリコンヘッドの表面の形状を工夫することで超音波がストレートに内臓にあたらないようになっているものなどもあるので気になる人はそちらを利用するのが良いでしょう。

キャビテーションで頑固な脂肪を撃退しよう

頑固な脂肪に悩んでいる人はキャビテーションを体験してみましょう。エステサロンを利用する人は、自分で実践できるダイエットは一通り試していることが多いです。さまざまな方法を試して実感できずにエステに行くわけです。エステの費用は決して安くはありませんが、費用対効果は非常に優れています。実際にエステでキャビテーションを受けた人は、もっと早くやればよかったと言います。キャビテーションは超音波のパワーで脂肪を溶かし、排出しやすい状態にしていくのです。特にメリハリのあるボディに変えたい人に最適であり、絞りたい部分が明確になっている人に適しています。5回の施術を完了すれば、施術前とははっきりと違いを実感できるはずです。

肥満度が高い人ほど実感しやすく、もともと適正体重の人はあまり効果を感じられません。脂肪はすべて落とせばよいものではなく、適度に残しておく必要があります。脂肪自体がスタイルを形成する役割がありますし、寒さから身体を守ってくれるのです。ガリガリの痩せ型体型が美しいと感じている人は多いですが、実際は適正体重もしくは少しふっくらしているくらいの体型がモテます。美容整形に行くという方法もありますが、身体に少なからず傷をつけることになります。注射によるダイエットに関しても、多少の痛みは感じてしまうでしょう。安全に痩せるためにはエステのキャビテーションは最適であり、体質自体を変えたい人に適しています。

痛みがないのが最大のメリハリで、身体に負担がかからないのでダウンタイムもありません。身体への負荷を最小限に抑えられるのは大きく、優れた痩身作用によって太りにくい身体にしてくれます。すぐに太って悩んでいる人は、体質から変えていく必要があるでしょう。以前より太りやすくなったと感じたら、その予測は的中しています。おおよそ30代~40代くらいから体質の変化を感じる人が多いようです。体質は加齢や遺伝による問題もありますが、自分で工夫することで変えることができます。体質改善の要となるのは基礎代謝の向上になりますので、代謝が悪いと実感している人は早めの対応をおすすめします。

キャビテーションによる方法はリバウンドのリスクが低いです。これは自己流ダイエットで失敗してきた人にとって朗報でしょう。家庭で実践できるダイエットの多くは、バランスよく痩せることが難しいです。ボディメイクをするためには全体的なバランスを考慮し、気になる部分を絞っていく必要があります。大切なのはバランスですから、ただ細くすればよいわけではありません。多少肉付きがよいほうが美しく見えることは少なくないです。脂肪はスタイルを形成する成分でもありますから、ある程度は絶対に必要になります。エステのケアなら施術後の体型をシミュレーションしますので、理想の体型を手に入れられるでしょう。頑固で落ちない脂肪を落とすためには、キャビテーションが安くて痛みが弱くておすすめです。

キャビテーションの後に使うemsで効果倍増

豊かなバストや若々しい頬にはある程度の脂肪があったほうが魅力的ですが、多すぎる余計な脂肪は女子にとって天敵です。スリムで全体的にバランスの整ったボディは、すべての女性の憧れと言っても過言ではありません。魅惑的な理想のプロポーションを目指してダイエットを試みる際に、痩身マシンをサポートにするのは効率的です。痩身エステサロンでも導入をされているキャビテーションやemsは、無理なく理想のボディを手に入れる手段として注目を集めています。

どちらもダイエットに役立つマシンではあるものの、結果や内容には違いがあるため、それぞれの特徴をまずは理解することです。空洞現象の意味を持つのがキャビテーションであり、痛みを感じることなく余分な脂肪を減らしていくことができます。マシンから放たれる超音波は、激痛などはないままで大量の気泡を体内に発生させますが、脂肪細胞が壊れるのは気泡が体内ではじける際の衝撃によるものです。照射をした部分の脂肪細胞は次々に破壊されていき、リンパや血液を通過して体の外へ無理なく排出されていきます。

皮下脂肪は比較的肌の近くにありますが、内臓脂肪はもっとずっと奥深くに潜んでいて手ごわい存在です。いずれも多すぎてよいはずはありませんが、両方にキャビテーションはアプローチをして効果をもたらします。自分で行うマッサージではびくともしない、頑なに付いているセルライトに対しても働きかけることが可能です。

不要な老廃物は留まることなく、体外へと出て行ってこそ理想の体型に近づきます。キャビテーションは滞りがちな血液の流れも、リンパの流れまで改善するため、スムーズに老廃物も排出されやすいです。全身に対しての痩身効果をもたらしますが、なかなか落とせないセルライトも無くしたり、部分痩せにも力を発揮することができます。

筋肉を電気刺激により鍛えることができるのがemsであり、大変優れたエクササイズ機器です。脂肪溶解のできるキャビテーションの後に使うのが賢い利用であり、体内では余分な脂肪が乳化と溶解された状態ですが、そのままでは最大の効果には至りません。溶解した出ていくべき脂肪を、効率的に体の外へ出してくれるサポートになるのがemsです。

正常に体外へのとかされた脂肪の排出がされなければ、脂肪細胞はいったん解けたとしても、元に戻るリスクを引き上げてしまいます。だから必ずと言っていいほどemsを使用して、筋肉を適度につけていくことが肝心です。マッチョな見た目のムキムキの筋肉ではなく、程よく筋肉がつくことで脂肪の燃焼を促すことになります。

筋肉がある程度あったほうが、無駄にリバウンドを招くことにもなりません。せっかく得たスリム効果をできるだけ維持するためにも、キャビテーションとemsはコンビで使用するのがベストです。単に引き締めるだけが目的のemsではなく、理想的なポロポーションをキープするための助けになります。