キャビテーションって何?ふくらはぎにも効果があるの?

女性にとってダイエットは永遠のテーマです。「何とかして楽して痩せたい」、皆さんそのようにお考えなのではないでしょうか。今日はそんな方にとって必見の情報をお届けします。それは「キャピテーション」です。キャビテーションというのは痩身エステの一種で、脂肪吸引の手術をしないで、脂肪をグングン溶かしてくれると巷で話題になっています。中にはなんと10キロも体重を落とした人もいると聞きます。10キロも体重が落ちるとイメージチェンジできて羨ましい限りです。今まで着るのをためらっていた服にもドンドン挑戦してみたくなりますね。

しかし実際のところ、どのようなエステなのでしょうか。一言でいうと、キャビテーションは脂肪を溶かして痩せさせるエステです。そもそもキャピテーションというのは、泡が発生したり消えたりすることで、空洞現象とも言われます。液体に圧力をかけると、液体が流れるときに圧力の差が出ますが、それによって液体の中に泡が出たり消えたりするのがキャピテーションです。

エステでは、この原理を応用して痩せさせます。まず体の細胞に超音波を当てます。するとそれによって、気泡が発生したり消えたりします。そしてその気泡がはじけるときのネルギーによって脂肪細胞を壊すことができるというわけです。

キャビテーションのエステは、体の様々な部位を痩せさせるものですので、もちろんふくらはぎにだって効果抜群です。どのくらいすると効果が現れるのかにつきましては、どの程度ふくらはぎを細くしたいのかによっても回数が違ってきます。1回の施術でも脂肪が減ったという実感はありますが、見た目に分かるくらい細くしたいのでしたら、数回から5回くらい通う方が多いです。施術回数については、個人差があると思っておいた方が良いでしょう。

少し面倒に感じるでしょうが、脂肪吸引に比べるとぜんぜん楽です。脂肪吸引とは、体の中に管を入れて、皮下脂肪を吸引するもので、手術になりますので体にメスを入れることになり、手術後の回復にもある程度の時間がかかります。その点、キャビテーションは脂肪吸引に比べると体にかかる負担が少ないです。しかも、効果をすぐに期待できるのが嬉しいです。

また、キャビテーションは脂肪細胞そのものを破壊しますので、今までよりもふくらはぎがむくみにくくなります。女性の場合、慢性的なむくみに悩んでいるという方はとても多いのではないでしょうか。「朝はスッキリとしたふくらはぎだったのに、夕方になるとワンサイズ上がってブーツが入らない」という声もよく聞きます。つまり、冷え性で体がむくみやすい方にもお勧めのエステというわけです。

ふくらはぎは意外にも痩せにくい部分ですが、脂肪吸引してまで痩せるのはちょっと勇気がいりますね。だから諦めているという方も多いと聞きます。モデルさんのような美脚を少しでも楽して手に入れたい、そんな方は、この施術方法を選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です