月別アーカイブ: 2020年4月

サロンで人気のキャビテーションは授乳中でも可能

切らない脂肪吸引でお馴染みのキャビテーションは、授乳中でも受けられます。エステサロンの施術でも場合によっては授乳中や生理中に受けられないことがありますが、キャビテーションなら大丈夫です。超音波の働きによって脂肪細胞を溶かし施術ですが、体の変化としては血流が良くなったり温まっていると感じる程度です。温まるのは当てた部分だけですが、血流はその周辺も良くなって冷え性が一気に改善されます。
時期として避けたいのは、産後間もない頃です。この頃は体力が著しく低下していますし、非常に敏感になっていますので、普段なら大丈夫でも影響によりトラブルが起こるかもしれません。産後間もない頃を除けば、その後は安全にキャビテーションを行えるようになり、無理をしなくてもダイエットができます。具体的な目安は3か月後とされていて、3か月以降になれば体もだいぶ落ち着いてきます。授乳期は食べるものの種類にも気を使いますが、食事面を変更することなく痩せられるのが嬉しいところです。赤ちゃんにもたっぷりと栄養を与えなければなりませんので食事量をセーブするダイエットはできませんが、脂肪細胞に直接働きかけて減らす方法ならできます。
エステサロンでは、事前に施術を受けられないケースを提示してくれますが、その中に授乳中は含まれていません。エステサロンの施術と同様に家庭用の機器でケアを行うことも可能ですので、どちらでも都合の良い方を選べます。一つだけ気をつけたいのは体調が悪いのに無理をして行うことであり、体調の良い日を選んでケアする必要があります。体調の整っている時の方が成果も出やすいので、効率の面から考えてもお勧めです。
授乳中は赤ちゃんに栄養を与えますので自然に痩せていくことも多いのですが、部分的に太ってしまったままの状態が続くこともあり、部分痩せをするためにダイエットを実践する人も少なくありません。キャビテーションは部分痩せを楽に行えますし、一度減った脂肪細胞がリバウンドによって元に戻ることもありませんので、体力の落ちている授乳中のママに優しい方法です。エステサロンに通う時間がない場合でも、家庭用の機械を使ってお手入れできますので、取り入れるのは難しくありません。家庭用のキャビテーションを用意すると頻繁に使いたくなりますが、ケアを行ってから脂肪が排出されるまでには3~4日かかるため、それよりも短いスパンで行っても効果はなく、週に2回程度が理想です。週に2回程度、あいた時間を利用してケアを行うことで、気になる部分をシェイプアップできます。
万が一体調面に不安がある場合には、医師に相談しながら取り入れるのが安心です。行っても安全だと分かっている状態で取り入れた方が気持ち良くケアできますし、ストレスにもなりません。基本的にはキャビテーションはとても優しいお手入れができ、しかも効率的ですので、授乳中のママにもお勧めです。