ラジオ波を使ったエステの魅力

痩せたいとエステに通うとき、ラジオ波を使った施術を受けられます。ラジオ波というのは、周波数が30~300Hzの電磁波のことで、人間の体にあてると脂肪細胞やコラーゲンに働きかけて分子同士の摩擦を引き起こし熱を作り出します。この熱を脂肪細胞あるいは脂肪細胞が変化したセルライトに伝えることで、バターが溶けるように液状となります。なお、機器によってラジオ波の届く範囲が変わってきますから、痩せたい部分に作用する施術でなければ期待通りの結果は得られません。

その液状化した脂肪細胞がどこに向かうのかというと、血管やリンパ管を通じて体外に排出されます。ラジオ波が生み出した熱は、血液やリンパ液の流れを促進する働きがありますから、液状化した脂肪細胞と一緒に余計な水分や老廃物も流してしまうので、むくみの解消にも役立ちます。

それにラジオ波を照射することで肌が温まると、コラーゲンやエラスチンを生み出す線維芽細胞が刺激を受けます。すると、新陳代謝が活性化してコラーゲンやエラスチンの量が増えて肌の保水力が高まります。これにより肌は潤い、ハリ・弾力のある健康的な状態になります。

そのようにラジオ波を使ったエステでは、二の腕や太ももなど脂肪がついているところをスリムにするだけでなく、美肌効果も期待できますから美しくなりたいという人にとっては魅力的な施術です。

では、施術をした効果はどのくらい出てて来るのかというと、たいていの場合は1回から2回程度で変化を感じます。しかし、脂肪が多くついている人だとある程度の回数をやらなければいけません。

そんなラジオ波を使ったエステの危険性ですが、副作用にはやけどや内出血、痛みなどがごくたまにおきます。しかしながら、どれも症状としては軽度ですし、適切に治療をすればすぐに治まりますから過度に心配する必要はありません。

また、インプラントやペースメーカーなど金属が体に入っている人、直近でヒアルロン酸の注射をした人、妊娠・授乳中の人などは、ラジオ波の影響でトラブルが起きることがあります。そういう人たちは施術を受けられないので、事前に確認する必要があります。

痩せるエステがおすすめです

痩身エステとは綺麗に痩せるために通う施術のことであり、さまざまなメニューがあります。ハンドマッサージや専用のマシンを使用するため、気になる部分に直接アプローチすることができます。そのため自力で行うダイエットよりも効率よく痩せることができるのです。

痩身エステでは最初にカウンセリングを受けることになります。カウンセリングでは施術内容をいろいろ聞くことができますし、施術について分からないことや気になることがあればスタッフに教えてもらうこともできます。また、セルフケアの方法や生活習慣のアドバイスなどもしてもらえます。

痩身エステの利用者は女性がほとんどですが、最近では男性の利用者も増えてきています。また、男性が通えるお店も増えてきたということです。痩身エステではプロによる施術を受けることができるため、ただ体重を減らすというだけでなく、綺麗なボディラインを手に入れられるというメリットもあります。モデルのようなボディラインに近づきたいという場合、試してみると良いでしょう。

また、自己流ダイエットがなかなか続かないという人にもおすすめです。食事制限が苦手な人や運動が苦手という人は多いでしょう。痩身エステでは無理なく痩せることができるため、自己流ダイエットが続かないという人からも人気となっています。何もしなくても痩せられるわけですし、楽にダイエットしたいという人は試してみると良いでしょう。

痩身エステでは部分痩せができることもポイントです。自己流ダイエットでもお腹は割とすぐに小さくなりますが、腕や脚などは部分痩せしにくい部位とされています。そのため腕や脚などだけ痩せたい場合も通ってみると良いでしょう。痩身マシンで痩せたい部位にだけアプローチしてくれるため、理想のボディラインに近づくことができるのです。

イベントまでに痩せたいという人にも痩身エステが向いています。効果の出方は個人差もありますが、1日で実感できることもあるのです。

キャビテーションって何?ふくらはぎにも効果があるの?

女性にとってダイエットは永遠のテーマです。「何とかして楽して痩せたい」、皆さんそのようにお考えなのではないでしょうか。今日はそんな方にとって必見の情報をお届けします。それは「キャピテーション」です。キャビテーションというのは痩身エステの一種で、脂肪吸引の手術をしないで、脂肪をグングン溶かしてくれると巷で話題になっています。中にはなんと10キロも体重を落とした人もいると聞きます。10キロも体重が落ちるとイメージチェンジできて羨ましい限りです。今まで着るのをためらっていた服にもドンドン挑戦してみたくなりますね。

しかし実際のところ、どのようなエステなのでしょうか。一言でいうと、キャビテーションは脂肪を溶かして痩せさせるエステです。そもそもキャピテーションというのは、泡が発生したり消えたりすることで、空洞現象とも言われます。液体に圧力をかけると、液体が流れるときに圧力の差が出ますが、それによって液体の中に泡が出たり消えたりするのがキャピテーションです。

エステでは、この原理を応用して痩せさせます。まず体の細胞に超音波を当てます。するとそれによって、気泡が発生したり消えたりします。そしてその気泡がはじけるときのネルギーによって脂肪細胞を壊すことができるというわけです。

キャビテーションのエステは、体の様々な部位を痩せさせるものですので、もちろんふくらはぎにだって効果抜群です。どのくらいすると効果が現れるのかにつきましては、どの程度ふくらはぎを細くしたいのかによっても回数が違ってきます。1回の施術でも脂肪が減ったという実感はありますが、見た目に分かるくらい細くしたいのでしたら、数回から5回くらい通う方が多いです。施術回数については、個人差があると思っておいた方が良いでしょう。

少し面倒に感じるでしょうが、脂肪吸引に比べるとぜんぜん楽です。脂肪吸引とは、体の中に管を入れて、皮下脂肪を吸引するもので、手術になりますので体にメスを入れることになり、手術後の回復にもある程度の時間がかかります。その点、キャビテーションは脂肪吸引に比べると体にかかる負担が少ないです。しかも、効果をすぐに期待できるのが嬉しいです。

また、キャビテーションは脂肪細胞そのものを破壊しますので、今までよりもふくらはぎがむくみにくくなります。女性の場合、慢性的なむくみに悩んでいるという方はとても多いのではないでしょうか。「朝はスッキリとしたふくらはぎだったのに、夕方になるとワンサイズ上がってブーツが入らない」という声もよく聞きます。つまり、冷え性で体がむくみやすい方にもお勧めのエステというわけです。

ふくらはぎは意外にも痩せにくい部分ですが、脂肪吸引してまで痩せるのはちょっと勇気がいりますね。だから諦めているという方も多いと聞きます。モデルさんのような美脚を少しでも楽して手に入れたい、そんな方は、この施術方法を選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

サロンで人気のキャビテーションは授乳中でも可能

切らない脂肪吸引でお馴染みのキャビテーションは、授乳中でも受けられます。エステサロンの施術でも場合によっては授乳中や生理中に受けられないことがありますが、キャビテーションなら大丈夫です。超音波の働きによって脂肪細胞を溶かし施術ですが、体の変化としては血流が良くなったり温まっていると感じる程度です。温まるのは当てた部分だけですが、血流はその周辺も良くなって冷え性が一気に改善されます。
時期として避けたいのは、産後間もない頃です。この頃は体力が著しく低下していますし、非常に敏感になっていますので、普段なら大丈夫でも影響によりトラブルが起こるかもしれません。産後間もない頃を除けば、その後は安全にキャビテーションを行えるようになり、無理をしなくてもダイエットができます。具体的な目安は3か月後とされていて、3か月以降になれば体もだいぶ落ち着いてきます。授乳期は食べるものの種類にも気を使いますが、食事面を変更することなく痩せられるのが嬉しいところです。赤ちゃんにもたっぷりと栄養を与えなければなりませんので食事量をセーブするダイエットはできませんが、脂肪細胞に直接働きかけて減らす方法ならできます。
エステサロンでは、事前に施術を受けられないケースを提示してくれますが、その中に授乳中は含まれていません。エステサロンの施術と同様に家庭用の機器でケアを行うことも可能ですので、どちらでも都合の良い方を選べます。一つだけ気をつけたいのは体調が悪いのに無理をして行うことであり、体調の良い日を選んでケアする必要があります。体調の整っている時の方が成果も出やすいので、効率の面から考えてもお勧めです。
授乳中は赤ちゃんに栄養を与えますので自然に痩せていくことも多いのですが、部分的に太ってしまったままの状態が続くこともあり、部分痩せをするためにダイエットを実践する人も少なくありません。キャビテーションは部分痩せを楽に行えますし、一度減った脂肪細胞がリバウンドによって元に戻ることもありませんので、体力の落ちている授乳中のママに優しい方法です。エステサロンに通う時間がない場合でも、家庭用の機械を使ってお手入れできますので、取り入れるのは難しくありません。家庭用のキャビテーションを用意すると頻繁に使いたくなりますが、ケアを行ってから脂肪が排出されるまでには3~4日かかるため、それよりも短いスパンで行っても効果はなく、週に2回程度が理想です。週に2回程度、あいた時間を利用してケアを行うことで、気になる部分をシェイプアップできます。
万が一体調面に不安がある場合には、医師に相談しながら取り入れるのが安心です。行っても安全だと分かっている状態で取り入れた方が気持ち良くケアできますし、ストレスにもなりません。基本的にはキャビテーションはとても優しいお手入れができ、しかも効率的ですので、授乳中のママにもお勧めです。

キャビテーションの値段の相場と格安で受ける方法

キャビテーションは痩身エステで、肥満体型の改善をしたい方に人気があり、肥満解消をして外見をスリムにしたい多くの方が施術を受けています。専用の機器による特殊なラジオ波の照射によって脂肪を溶かし、その構成していた細胞自体を破壊するのがキャビテーションの魅力でリバウンドが少ない点がメリットです。
しかも数回の施術を行うとそれだけで目に見える効果を得ることができ、身体が引き締まり、体重も減らすことができます。キャビテーションの施術を行ってもらう場合には、一般的に専用の機器が存在する美容エステ店に行って、その施術を行ってもらうのが普通です。
大体の値段の相場も決まっており、平均して1回に付き1パーツ、1万円前後かかると見て良いです。ただエステ店によって相違がみられるのも事実で、格安の場合であれば7,000円、高いエステ店であれば30,000円を超えるケースも存在します。
他にも複数のパーツを一気に行う場合には、セット割引を得られることもあり、複数のパーツも施術を受けたい方が選べるサービスを行っている場合もあります。格安の場合と比較して、高額な値段であれば3倍以上の差が生じる可能性もありますので、比較することがポイントになります。
もし本格的に通いたい場合には、あらかじめ行くエステ店においてどのくらいの値段がかかるかの調査を行い、比較検討してから行くのが優れています。もっともキャビテーションは2013年に痩身の美容法として登場しており、その当時は一回に付き2~3万円が当たり前の時代が存在したほどです。
ところが現在では一般的にも普及し、しかも専用の機器も割安で入手できるようになった点もあり、平均が1万円前後になっております。探せば1万円を切る値段のエステ店も存在するので、予算に応じて選択を行うと良いです。
なお格安店と高額店の違いは、そのネームバリューの違いと大々的な宣伝を行っているかで違ってきます。以前より運営されて認知度も高いエステ店は比較的に高く、運営を開始されて新しいエステ店は格安を実現していることが多いです。
またテレビなどで広告宣伝をかけているエステ店は、割高になりやすいのも特徴的になります。もしキャビテーションを格安で受けたい場合には、まずは新しいエステ店を選択すると良いです。
他にも季節ごとにキャンペーンを展開していることも多く、そのお試し期間などを利用してみる方法があります。確実的に通常よりもお得な値段を設定されていることも多く、1回の施術でも効果が期待できますので、それを積極的に活用することは良いです。
さらにエステ店によってはクーポンを発行している場合もあり、通常価格から割引を受ける形で利用することができたりします。学生などでは学割が利く場合もあるので、そういった特典を設けているエステ店を選択するとキャビテーションにかかる費用を抑制することに繋がります。
値段が高い方が効果が高いのかに関しては、必ずしもそうではなく、マシンの性能や施術の技法によるため、格安でも優れた効果が期待できることも多いです。